フロプリー

体臭を撃退したい!

体臭を撃退したい!

ローズサプリで身体の内側から体臭を改善する

近年、飲む香水と言われているローズサプリが女性を中心に人気を集めています。

ローズは女性ホルモンのバランスを整えると同時に、良い匂いで体臭を隠すことができます。

ローズサプリは手軽に薔薇の効果を得ることができるサプリメントで、様々な種類の商品が販売されています。

ローズサプリは摂取することで身体の内側から匂いを変えることができます。

実際、ローズサプリを飲み続けた方で、体臭が薔薇の良い匂いになったという方がいます。

体臭が気になるけれど対策をする時間がない、香水を付けられないという方にオススメの商品です。

ローズサプリは体臭を抑えると同時に、乱れがちな女性ホルモンのバランスを整えることができます。

薔薇の匂いが嗅覚を刺激することでホルモンバランスを司る自律神経の働きを促し、女性ホルモンの働きを活性化させてくれます。

女性ホルモンの働きが活性化することにより、月経痛などの緩和や更年期障害の症状の軽減、美肌や美髪効果などの幅広い効果が期待できます。

汗をかかない冬場も注意!冬体臭の特徴

体臭というと、汗をかく夏場に酷くなるというイメージがあります。しかし、汗をかかない冬場も、体臭には注意が必要です。

冬場は寒さから身を守るため、重ね着をします。すると通気性が悪くなり、汗をかいた時に臭いがこもりやすくなります。

また、多くの日本人は冬場に基礎代謝が高くなります。基礎代謝が高くなると汗をかきやすくなり、少しの運動で汗をかいてしまいます。この汗を拭かずに放置しておくと、皮膚の上で酸化し、体臭となってしまうのです。

冬場は気温が低いため汗をかいてもすぐに乾くと放置してしまいがちですが、汗をかいたらすぐに綺麗に拭き取りましょう。

冬場は頭皮から脂が分泌されやすい季節でもあります。頭皮の脂は体臭の原因となります。

冬場のお風呂は寒く、またあまり汗をかかず汚れてないという思い込みで、洗髪がおざなりになってしまう方も多くいます。

しかし、先述のとおり冬場は一年の中で汗をかきやすい時期で、気付かないうちに汚れが溜まっています。

冬場こそしっかりと洗髪をし、体臭予防フロプリーに努めましょう。

重曹の手作り入浴剤で体臭を解消

気になる体臭は重曹を使った入浴剤で解消することができます。

重曹は、皮脂や垢を洗い流しながら保湿効果にも優れており、体臭を解消すると同時に美肌効果にも期待ができます。

体臭の多くの原因は老廃物が皮膚で酸化することがあげられます。重曹はアルカリ性で、酸性化した老廃物を中和することができ、体臭を元から抑えることができます。

重曹入浴剤の作り方は簡単です。肌用の刺激の少ない重曹を、湯船に大さじ3杯程度入れるだけで完成です。

重曹の主成分である炭酸水素カルシウムは天然温泉にも多く含まれている成分で、大さじ3杯で温泉に入った時と同じ効果が期待できます。

また、個人の好みで量を調節することもできます。

重曹入りの湯船にゆっくりと浸かることで、体臭を解消しながら汚れを落とし、更に血行促進が期待できます。

美容と健康の両立ができるのも、重曹風呂の特徴です。

夏場に向けて体臭が気になる方は、毎日の重曹風呂で体臭の原因を根本から解消しましょう。

上手に汗をかいて体臭を予防しよう

汗は体臭の原因となりますが、上手に汗をかくことで逆に体臭を抑えることができます。

汗は体温調節を行う重要なもので、大きく分けてサラサラの汗とべとべとの汗の2種類があります。

サラサラの汗は美容と健康に良い汗で、べとべとの汗は身体の調子が良くないサインであったり、体臭の原因となります。

普段からサラサラの汗をかくことで、体臭を予防することができます。

サラサラの汗は、汗を出す汗腺の機能を向上させることが重要となります。

汗腺は毎日汗をかくことで機能を上げることができます。簡単な方法では毎日の運動があげられます。

また、毎日の入浴で汗をかくことができます。40〜42度のお湯に15分ほど浸かるだけで、汗腺の働きを促し汗をかくことができます。

足湯や手湯などの部分入浴も効果的です。足湯の場合は42度のお湯に膝から下を入れ、手湯の場合は肘より下の部分を入れ、いずれも20分ほど浸かりましょう。

特に足は靴や靴下に覆われて蒸れやすく、体臭の原因となります。足湯で汗腺の働きを上昇させることで、上手に汗をかくことができます。


ページの先頭へ